メンバー規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、Romi illustration(以下「運営者」といいます。)が運営する教育、アート、マーケティング、その他の教室(以下「本件教室」といいます。)にメンバーとして登録し、レッスンを受講いただくうえでの条件を定めるものであり、本規約の規定に従い本件教室に入会したすべてのメンバーに適用されるものとします。

 

第1条 (定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものと

します。

(1) 「申込者」

本件教室に入会し、レッスンの受講を行うことを希望する個人をいいます。

(2) 「メンバー」

本規約に同意のうえで、運営者所定の手続を履践のうえ、本件教室に入会した者をいいます。

(3) 「インストラクター」

レッスンを実施する担当者をいいます。

(4) 「レッスン」

本件教室において提供される受講枠をいいます。

(5) 「スタジオ」

本件教室のレッスンが開催される会場(オンラインを含みます。)をいいます。

(6) 「クラス」

原則として同一のインストラクターにより同一のスタジオにおいて定期的に実施される、特定のカリキュラムに従った連続したレッスンまたはオンラインサロンをいいます。ただし、クラス担当のインストラクターが中途で変更される場合があります。

(7) 「コース」

特定のスキルその他の種別、参加対象となるメンバーの属性、開催日程、スタジオ等によって区別される複数のクラスのまとまりを総称したものをいいます。

(8) 「受講契約」

本規約に定める手続により運営者と申込者との間で締結される、本件教室の入会及びレッスンの受講に関する契約をいいます。

(9) 「レッスンプラン」

本件教室の利用にかかるレッスンの受講形態及び料金体系のプランをいいます。

(10)「メンバーサイト」

本件教室の利用のために運営者が運営する WEB サイトの総称をいいます。なお、当該WEB サイトの URL が本サービスの利用後に変更された場合につき、変更後の URL にかかる WEB サイトをいうものとします。

(11)「アカウント」

メンバーがメンバーサイトにおけるメンバー向け機能を利用するための資格又は権利をいいます。

(12)「知的財産権」

著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)及びアイデア、ノウハウ等をいいます。

 

第2条 (本規約への同意)

メンバーは、本規約に同意のうえ、本規約に従って本件教室のレッスンを受講するものとします。なお、本件教室によるレッスンの提供に関して運営者とメンバーとの間で別途合意した契約及び運営者が配布、配信若しくは掲示する細則、ガイドライン、その他の文書等(以下総称して「個別利用規約等」といいます。)が存在する場合、当該個別利用規約等に規定する内容は、本規約の一部を構成するものとします。

 

第3条 (本規約の改定・変更)

1 運営者は、以下の各号のいずれかに該当する場合 、メンバーの同意を得ることなく、本規約の内容の削除、変更又は追加等(以下「変更等」といいます。)を行うことができるものとします。

(1) 変更等の内容が本件教室の提供にかかる教室名、レッスンプラン名の変更又は誤字、脱字の修正等であり、本規約の内容に実質的に影響しない場合

(2) 変更等の内容がメンバーの一般の利益に適合する場合

(3) 変更等の内容が本利用契約の目的に反せず、かつ、変更等の必要性、変更又は追加後の内容の相当性その他変更等に係る事情に照らして合理的なものである場合

2 運営者は、前項第2号及び第3号による変更又は追加の場合、本規約変更等の効力発生の相当期間前までに、本規約を変更等する旨、変更等後の本規約の内容及びその効力発生時期を運営者がメンバーサイトへの掲載その他運営者が適当と判断する方法により通知します。変更後の本規約の内容は、運営者が相当期間を定めて 事前に通知する変更後の本規約の適用日において、効力を生じるものとします。なお、前項第1号による変更等の場合、変更等後の本規約の内容をメンバーサイトへの掲載その他運営者が適当と判断する方法により通知した時点で変更等後の本規約の効力が発生するものとします。

3 メンバーは、変更後の本規約に同意しない場合には、変更後の本規約の適用までに、本件教室の退会手続を行うものとします。

4 メンバーが本規約の変更後も本件教室の利用を継続する場合、当該メンバーは、変更後の規約に同意したものとみなされます。メンバーは、自己の責任において、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本件教室を利用するものとします。

 

第4条 (入会手続)

1 申込者は、本規約に同意し、運営者所定の入会申込書(運営者が指定する WEB フォームを含みます。)に必要事項をご記入のうえ、運営者の定める方法に従い入会申込書を運営者に提出することにより、本件教室への入会の申込をすることができます。かかる申込があった場合、運営者は、別途運営者の定める審査基準に従って審査し、当該申込を承諾する場合には、その旨の通知を行います。当該通知の到達時点で運営者と申込者との間で、入会申込書に記載された内容による受講契約が成立するものとします。

2 受講契約の成立後、運営者は、本件教室の利用にかかる入会後手続の履践及び書類の提出(以下「入会後手続等」といいます。)を求める場合があります。メンバーが、入会後手続等を入会後3ヶ月の期間内に実施しない場合、受講契約が解約となる場合がございますので、メンバーは予めこれを承諾するものとします。

3 未成年者が本件教室への入会を希望する場合には、法定代理人の同意が必要となります。別途運営者が定める方法により法定代理人の同意にかかる書面(電磁的な方法を含む。)を提出のうえ、未成年者が本件教室への入会手続を完了した時点で、運営者と当該未成年者である申込者との間における受講契約の締結について、法定代理人の同意があったものとみなします。

4 未成年者が、法定代理人の同意がないにもかかわらず同意があると偽り又は年齢について成年と偽って受講契約を締結した場合その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、受講契約に関する一切の法律行為を取り消すことができません。

5 本規約の同意時に未成年であったメンバーが成年に達した後に本件教室の利用を継続した場合、当該メンバーは受講契約に関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。

6 受講契約成立後の、本件教室への受講の申込のキャンセルを行うことはできません。受講契約成立後、本件教室の利用を取りやめたい場合には、本規約の定めに従い退会の手続を行う必要がありますので、ご了承ください。

 

第5条 (アカウント等の管理)

1 受講契約が成立した場合、運営者はメンバーに対し、別途運営者の指定した手続の完了後に、レッスンの予約その他の本件教室の利用にかかるメンバー向け機能の利用のためのアカウントを付与します。

2 メンバーは、自己の責任においてアカウントを管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。当該アカウント等の利用にかかるログインID又はパスワードその他当該アカウント等の利用につき運営者が提示又は入力を求める情報又は文字列等(以下総称して「ログイン ID 等」といいます。)の一致を確認した場合、当該アカウント等を保有するものとして登録された

メンバーがメンバーサイトを利用したものとみなします。

3 アカウントの管理不十分又は第三者の使用等による損害の責任は、メンバーが負うも

のとし、運営者の責に帰すべき事由がある場合を除き、運営者は一切の責任を負いません。

4 メンバーは、アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合

には、直ちにその旨を運営者に通知するとともに、運営者からの指示に従うものとします。

 

第6条 (レッスンプラン)

1 メンバーは、入会申込時において、以下の各号のレッスンプランから選択して、本件教室のレッスンの受講形態を選択するものとします。

(1) 「オールフリー」プラン

ア 「オールフリー」プランとは、本件教室の提供するレッスンのうち、特定のコースを選択のうえ、選択されたコースに基づく月会費のお支払をいただくことにより、その種類を限定せず指定された回数受講できるレッスンプランとなります。レッスンプランとして「オールフリー」プランを選択した場合、毎月規定のレッスン受講権(以下「オールフリー受講権」といいます。)が付与されます。

イ 「オールフリー」プランでは、選択したコース内であればオールフリー受講権を使用して自由にクラス・レッスンを選択することができますが、選択したコース外のクラスにおけるレッスンを受講する場合には、受講差額のお支払が必要となる場合があります。メンバーサイトにおいて受講差額の発生するコース外のクラスの受講の予約を行う場合、メンバーサイトに表示された受講差額のお支払いに同意いただいたものとみなされます。

(2) 「レッスン固定制」プラン

ア 「レッスン固定制」プランとは、予め受講するクラスを選択のうえ、月会費の支払いにより、選択したレッスンの受講を行うことができるレッスンプランです。

イ 「レッスン固定制」プランにおいて、受講予定であったレッスンを受講することができなかった場合、その回数分、別のレッスンへの振替えを行うことができます(レッスン未受講にかかる振替えの権利を、以下「振替権」といいます。)。ただし、振替権は、振替権が発生した月の翌月末日までに使用しない場合、失効しますので、あらかじめご了承下さい。

ウ 「レッスン固定制」プランにおいても、補講予約その他により、「レッスン固定制」プランにより指定されたレッスン以外のレッスンを受講することができます。ただし、この場合には、別途受講差額のお支払が必要となる場合があります。メンバーサイトにおいて受講差額の発生するプラン外のクラスの受講の予約を行う場合、メンバーサイトに表示された受講差額のお支払いに同意いただいたものとみなされます。

(3) 「レッスンチケット」プラン

ア 「レッスンチケット」プランとは、本件教室の提供するレッスンのうち、オンラ

インで実施されるものにつき、特定のコースを選択のうえ、当該コース内のレッス

ンの受講にかかるチケット(以下「レッスンチケット」といいます。)を購入し、レ

ッスンチケットを使用して消費することで該当のレッスンを受講できるレッスンプランとなります。購入したレッスンチケットをすべて使用した後、継続してレッスンを受講することを希望する場合、新たにレッスンチケットを追加で購入いただく必要があります。

イ 「レッスンチケット」プランでは、選択したコース内であればレッスンチケットを使用して自由にクラス・レッスンを選択することができますが、選択したコース外のクラスにおけるレッスンを受講する場合には、受講差額のお支払が必要となる場合があります。メンバーサイトにおいて受講差額の発生するコース外のクラスの受講の予約を行う場合、メンバーサイトに表示された受講差額のお支払いに同意いただいたものとみなされます。なお、選択したレッスンの設定された受講料が、レッスンチケットの代金より金額が低くなる場合でも、差額の払い戻しは行いません。

(4) 「コミュニティ」プラン

ア 「コミュニティ」プランとは、月会費の支払いにより、運営者の運営するコミュニティに所属し、運営者の提供するコンテンツを閲覧することができるとともに、運営者の定める範囲において運営者のアドバイスを受けることができるプランです。

2 前項により選択されたレッスンプランの受講に加え、メンバーはメンバーサイトより追加のレッスン申込を行うことが可能です。ただし、追加レッスンについては、別途受講料が発生します。また、申込後の日程変更・キャンセルはできません。追加レッスンの申込については、講師都合の休講の場合を除き、受講の有無にかかわらず追加レッスンの受講料の返金は行いません。

3 本件教室によるレッスンの提供は、レッスンプランの選択にかかわらず、同一のインストラクターからの継続受講を保証するものではありません。受講をご希望のレッスンの時間帯又はインストラクターの予約状況により、ご希望のインストラクターによるレッスンを受講できない場合があることを予めご了承ください。

 

第7条 (初回レッスン)

1 メンバーは、受講契約成立後、受講契約が成立した日の含まれる月の翌々月末までに、初回にレッスンを受講する日(以下「初回レッスン日」といい、初回レッスン日を含む月を「レッスン開始月」といいます。)を指定するものとします。

2 レッスン開始月の指定後は、レッスン開始月の変更はできません。

 

第8条 (初期費用)

1 受講契約が成立した時点で、以下の各号にかかる初期費用が発生します。

(1) 入会金

(2)「オールフリー」プラン、「レッスン固定制」プラン又は「コミュニティ」プランご選択時につき初月及び次月月会費、又は、「レッスンチケット」プランご選択時につき、レッスンチケットの購入代金

(3)メソッド費用(※運営者が運営するイベントへの出演及び、出演に必要な諸経費となり、入会申込時にイベント参加をお申込いただいた場合に発生します、費用については選択するイベントにより異なります。詳細はイベント専用サイトを参照ください。

(4) 入会申込時に選択したキャンペーンの利用に関する費用

(5) その他入会申込時に事前に提示した入会に関する費用

2 初期費用は、受講契約成立後、運営者の責に帰すべき事由によりメンバーが本件教室を利用することができずに退会を行った場合を除き、レッスンの受講前に退会を行った場合であっても発生し、また、ご返金は致しかねますので、予めご了承ください。

 

第9条 (月会費)

1 「オールフリー」プラン、「レッスン固定制」プラン又は「コミュニティ」プラン(以下、総称して、「月会費プラン」といいます。)をご利用の場合、月会費が発生します。月会費プランをご利用の場合には、月会費の引き落としにかかる別途運営者の指定する方法による決済手段の登録手続が必要となります。

2 決済が完了しない場合には、受講契約を解除させていただく場合がございます。

3 月会費のお支払方法は、毎月運営者の指定する方法での決済となります。なお、開始月より12カ月間のお支払いに関しては、以下の各号からご選択いただけます。

(1) 毎月ごとの自動での決済登録

(2) ご入会時に12カ月分一括でのお支払い

4 決済手段の登録口座振替によるお支払いは、毎月、当月分の月会費を前月27日に決済させていただきます。27日が金融機関休業日にあたる場合は、翌営業日となります。年一括でのお支払を頂いた場合、レッスン開始月から13ヶ月目の月会費から自動的に決済になります。年一括のお支払いにかかる期間が終了しても自動的に退会にはなりません。

5  月会費プランご利用時に、未予約、欠席、次月以降にレッスンを振替えたなどの事情により、当月においてレッスンの全部又は一部を受講しなかった場合であっても、月会費は通常通り発生いたします。また、お支払いいただいた月会費はご返金致しかねます。

6 月会費2ヶ月以上、若しくは運営者の定める基準を超える金額をお支払いただけなかった場合は、レッスンの受講停止措置を行う場合がございます。また、期日までにお支払いがない場合、受講契約を解除させていただく場合がございます。

7 本件教室における月会費その他の利用料のお支払いにつき、メンバーサイト上の利用明細の記載をもって、領収書の発行に代えるものとし、メンバーはこれに同意するものとします。

 

第10条 (レッスンの予約、出席、欠席等について)

1 メンバーは、レッスンの受講を希望する場合、メンバーサイトを利用してレッスンプランに従ってレッスンの予約を行うものとします。

2 レッスンの予約後、欠席又は遅刻が見込まれる場合には、事前にメンバーサポート窓口又はメンバーサイト内の報告機能を利用してお知らせください。

3 前項にかかる事前連絡のない、レッスンの時間枠が60分の場合は30分以上、レッスンの時間枠が30分の場合は15分以上の遅刻は、欠席扱いとなります。

4 「オールフリー」プラン又は「レッスンチケット」プランをご利用の場合、レッスン予約後、レッスン日の前々日22時までであれば、レッスンの予約を取消すことができます。取消しの場合、オールフリー受講権、レッスンチケットは消費されません。レッスン日の前日22時以降又は当日でのレッスンの予約の取消しはできず、欠席扱いとなります。

5 レッスン予約後の欠席の場合、オールフリー受講権、レッスンチケットは一レッスン分消費されます。「レッスン固定制」プランをご利用の場合、変更等を行わない元のレッスン日であれば、事前のご連絡のない欠席であっても振替権を取得することができますが、振替権を使用して予約したレッスンを欠席した場合、一レッスン分の振替権が消費されます。

6 レッスン予約後、運営者又はインストラクター都合で該当のレッスンが開催されなかった場合につき、オールフリー受講権、レッスンチケットは消費されず、また、レッスン固定制プランの場合、振替権を取得することができます。しかしながら、返金には応じられませんので、ご了承ください。

 

第11条 (受講契約等の変更)

1 レッスンプランその他の受講契約の内容の変更をご希望の場合には、メンバーサイトより変更の手続を行うことができます。メンバーサポートにて変更対応を承る場合には、別途変更手数料をご負担頂きます。メンバーサポート窓口にご連絡ください。ただし、入会時にご選択いただいたキャンペーンの種別又はコースによっては、変更ができかねる場合がありますので、ご了承ください。

2 変更の反映は、原則として変更のご連絡があった月の翌々月からとなります。

3 以下の変更の場合には、運営者所定の変更手数料が発生します。

(1) レッスン固定制プランからオールフリープランへの変更、オールフリープランから

レッスン固定制プランへの変更

(2) 入会時に選択したキャンペーンの変更(キャンペーンの種別によっては、変更が行

えない場合があります。)

(3) オールフリープラン利用中に、レッスンチケットプランを利用する場合、レッスン

チケットプラン利用中に、オールフリープランを利用する場合

(4) 選択したコースの変更

(5) レッスン開始月におけるレッスン回数の変更・次月以降の月のレッスン回数の変更

(6) レッスン固定制プランにおける選択したクラスの変更

(7) オールフリープランにおける料金プランの変更

(8) 所属クラスの変更

 

第12条 (受講権等の使用可能期間)

1 レッスンプランの利用にかかるオールフリー受講権、レッスンチケット、振替権(以下総称して「受講権等」といいます。)には、それぞれ以下の各号に定める期間内においてのみ、使用することができます(以下「使用可能期間」といいます。)。それぞれの受講権等の使用可能期間経過後は、当該受講権は失効し、使用することはできませんので予めご了承ください。

(1) オールフリー受講権

付与月の初日から 6 ヶ月以内

(2) レッスンチケット

付与月の初日から 6 ヶ月以内

(3) メンバー都合の欠席により取得した振替権

レッスンの未受講により振替えが可能となった月の翌月末日まで

(4) インストラクター又は運営者都合の欠席により取得した振替権

レッスンの未受講により振替えが可能となった月の 6 か月後末日まで

2 使用可能期間の経過により受講権が失効した場合であっても、ご返金は致しかねますので、予めご了承ください。

 

第13条(休会)

1 メンバーは、月会費プランにつき、本件教室の休会を希望する場合、運営者の指定する事項を記載のうえ、運営者に届出るものとします。当該休会届出の属する日を含む月の翌々月から休会となります。なお、ご連絡のみでの休会のお手続き対応は行っておりませんので、ご了承ください。

2 休会中であっても、受講権等の使用可能期間は進行します。休会中に使用可能期間を経過した場合についても、受講権等は失効することになりますので、予めご了承ください。

3 休会期間中はレッスンを受講することはできません。また、休会中の月会費は、550円(税別)となります。

4 レッスンの再開を希望される場合は、再開ご希望の旨をメンバーサポート窓口までご連絡ください。当該ご連絡のあった日を含む月の翌月から、レッスンの受講を再開することができます。

5 休会時点において前払いされた月会費があった場合につき、休会からの受講再開後、休会していた期間と同期間を、選択した月会費プラン内において1ヶ月あたり月550円(税込)でレッスンを受講することができます。しかしながら、休会期間中にかかる前払いされた月会費の返金には応じかねますので、ご了承下さい。

第14条 (退会)

1 メンバーは、本件教室の退会(受講契約の解約)を希望する場合、運営者指定の退会届に必要事項を記載のうえ、退会を届出るものとします。当該届出の完了をもって、退会(受講契約の終了)となります。なお、ご連絡のみでの休会のお手続き対応は行っておりませんので、ご了承ください。

また、レッスンが長期間にわたり未受講でも退会扱いとなりませんのでご注意ください。

2 退会時点で未使用の受講権等があった場合でも、退会と同時に失効し、失効したオー

ルフリー受講権、レッスンチケット、振替権に対する払い戻しは行いませんので、予め

ご了承ください。

3 退会時点において、前払いされた月会費があった場合につき、以下の算定により、支払い済み月会費から退会にかかる事務手数料を控除のうえ、退会日の属する月の翌月末日に返金を行います。ただし、ご入会時に利用されたキャンペーンの内容により、返金が行われない場合がありますので、キャンペーンを利用してのご入会の場合、退会時の返金状況をご確認ください。

『返金額』

=『受領済み月会費』-『経過月月会費』-『別途運営者の定める事務手数料』

4 退会後に再入会をご希望される場合、メンバーサポートにご連絡をください。ただし、再入会の場合、所定の入会費、初期費用が発生いたします。また、再入会の場合であっても、退会前に残っていた受講権利等は引き継がれません。

 

第15条 (禁止行為)

1 メンバーは、本件教室の利用にあたり、自ら又は第三者をして、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならず、また、以下の各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にしてはなりません。

(1) 運営者、インストラクター又は他のメンバーその他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為

(2) 運営者、インストラクター又は他のメンバーその他の第三者に対する誹謗中傷行為

(3) 運営者、インストラクター又は他のメンバーその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、その他の権利若しくは利益を侵害する行為又はそのおそれのある行為

(4) 前三号のほか、運営者、インストラクター又は他のメンバーその他の第三者に対する迷惑行為、嫌がらせ行為等、第三者に精神的被害・経済的被害を与える可能性のある行為

(5) 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反す

る行為及びこれらを助長する行為又はそのおそれのある行為

(6) 犯罪予告、犯罪の指南その他犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為

(7) 他のメンバー、インストラクター、メンバーサイト内において、以下に該当し又は該

当すると運営者が判断した情報を送信又は投稿する行為

ア 自殺、自傷行為を誘引、勧誘若しくは助長する表現、わいせつな表現

イ 薬物・危険ドラッグの売買に関する情報若しくはこれらの不適切な利用を助長する表現

ウ チェーンメール、無限連鎖講、リードメールその他の違法な勧誘、宣伝等

エ 残虐な表現、性的な表現その他、他人に不快感を与えるおそれのある情報

オ 上記に類する情報その他運営者が不適切と判断する情報

(8) メンバーサイトを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングする行為

(9) メンバーサイトのシステムに権限なく不正にアクセスする行為又は当該システム上の情報を不正に書き換え若しくは消去する行為

(10) 故意に虚偽のデータ等を公開し又は投稿する行為

(11) 他のメンバー、インストラクターの情報の収集を目的とする行為

(12) 運営者、インストラクター又は他のメンバーその他の第三者に成りすます行為

(13) 他のメンバーのアカウントを利用してメンバーサイトを利用する行為

(14) 運営者が事前に許諾しない本件教室における宣伝、広告、勧誘、又は営業行為。なお、以下の行為は禁止行為の例示であって、これに限られないものとする。

ア 運営者の承諾を得ていない営業・販売行為

イ 宗教・マルチレベルマーケティング(マルチ商法)などの勧誘行為

ウ 他の教室、他教育組織への誘導行為

(15) 反社会的勢力等への利益供与行為及びこれにつながる可能性のある行為

(16) 面識のない異性との出会いを目的とした行為

(17) ステルスマーケティングを目的とする一切の行為

(18) その他、運営者が不適切と判断する行為

2 運営者は、メンバーが前項各号に該当し又は該当するおそれがあると運営者が判断した場合その他運営者が必要と認める場合には、メンバーに対し、違反行為の中止を求めることがあり、メンバーは、直ちに当該求めに応じるものとします。

 

第16条 (規約違反の場合の措置等)

1 運営者は、メンバーが次の各号の一に該当し又は該当するおそれがあると運営者が判断した場合には、運営者の裁量により、何らの通知も行うことなく、本件教室の利用の一時停止若しくは制限、受講契約の解除等の措置(以下「利用停止等」といいます。)を講じることができるものとします。

(1) 入会手続等を運営者が指定する時期までに履践しない場合

(2) 月会費その他受講契約に基づく支払を2ヶ月以上怠った場合

(3) 本規約のいずれかの条項に違反し、又は違反したとの通報を受けた場合

(4) 運営者に提供された情報の全部又は一部につき虚偽の事実があることが判明した場合

(5) メンバーが支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

(6) 運営者からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合

(7) 反社会的勢力等であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っている場合

(8) その他前各号に類する事由がある場合

2 メンバーは、本件教室の利用停止、受講契約の解除等の後も、運営者及び第三者に対する受講契約上の一切の義務及び債務を免れるものではありません。

3 本条の措置に基づき受講契約が解除された場合、運営者は受領済みの初期費用、月会費を返金せず、かつ、受講権等は解除の時点で失効し、その払い戻しも行われないものとします。

4 運営者は、本条に基づき運営者が行った措置によりメンバーに生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第17条 (不可抗力)

運営者及びメンバーが、以下各号に定める事情に起因して本規約上の義務の履行を遅滞し又は履行不能となったときは、その責を負わないものとします。

(1) 自然災害、火災及び爆発

(2) 伝染病

(3) 戦争及び内乱

(4) 革命及び国家の分裂

(5) 公権力による命令処分

(6) 暴動

(7) ストライキ、ロックアウト

(8) システム障害、通信障害、システム等のメンテナンス、停電

(9) その他前各号に準ずる事態

 

第18条 (権利の帰属)

1 本件教室の運営において運営者が提供するメンバーサイト内のコンテンツ、レッスンにより提供される教材等(以下総称して「運営者コンテンツ」といいます。)に関する一切の知的財産権は、運営者又は運営者にライセンスを許諾している者に帰属し、本規約に基づく本件教室のいかなる使用許諾も、運営者又は運営者にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

2 レッスン又は運営者の主催するイベントの過程で撮影された映像・音源・ライブ映像等の知的財産権は、運営者に帰属します。運営者が当該映像・音源・ライブ映像等をメンバーに配布した場合であっても、メンバーは本件教室の利用に必要な範囲でのみ当該映像・音源・ライブ映像等を使用できるものとし、本件教室の利用と無関係な公開、販売、加工、編集等を行うことはできないものとします。

3 メンバーは、運営者の許諾を得ることなく、運営者コンテンツの翻案、編集及び改変等を行い、これを第三者に使用させ又は公開することはできず、いかなる理由によっても運営者又は運営者にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしてはなりません。

 

第19条 (損害賠償)

運営者は、本件教室の提供上、運営者の責に帰すべき事由によりメンバーに損害が生じた場合、運営者は、賠償事由の発生時点から遡って1ヶ月の間に現実に受領した月会費又はレッスンチケット代金を限度として、これを賠償するものとします。ただし、運営者に故意又は重過失がある場合を除きます。

 

第20条 (秘密保持)

1 メンバーは、運営者の事前の書面による承諾がある場合を除き、本件教室の利用に関連

して運営者が秘密である旨指定して開示した非公知の情報を秘密に取り扱うものとします。

2 メンバーは、運営者から求められた場合はいつでも、運営者の指示に従い、遅滞なく、前項の情報及び当該情報を記載又は記録した書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。

 

第21条 (反社会的勢力の排除等)

1 運営者及びメンバーは、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を表明し、保証するものとします。

(1) 自ら及びその役員(取締役、執行役、執行役員、監査役又はこれらに準ずる者をいう。)が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと

(2) 自己又は第三者の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用し、又は反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど、反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与していると認められる関係を有していないこと

(3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約及び個別契約を締結するものでないこと

(4) 自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し又は信用を毀損する行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに準ずる行為をしないこと

2 運営者及びメンバーは、相手方が前項の確約に違反した場合、何らの通知又は催告をすることなく、本利用契約を解除することができるものとします。

3 運営者及びメンバーは、前項の規定により本利用契約の全部又は一部を解除したことにより相手方に損害が生じた場合であっても、これを一切賠償することを要しないものとします。また、本条に違反した当事者は、当該違反に起因する一切の損害を賠償しなければならないものとします。

 

第22条 (本件教室の運営に関する変更・中断・終了等)

1 運営者は、メンバーに事前に通知することなく、本件教室で提供されるレッスンの種別の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。

2 運営者は、事前に、その他運営者が適当と判断する方法でメンバーに通知することにより、運営者の裁量で、本件教室の運営を終了することができるものとします。ただし、緊急の場合はメンバーへの通知を行わない場合があります。

3 運営者は、以下各号の事由が生じた場合には、メンバーに事前に通知することなく、本件教室の運営の一部又は全部を一時的に中断することができるものとします。

(1) メンバーサイト用の通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急

に行う場合

(2) アクセス過多、その他予期せぬ要因でメンバーサイトのシステムに負荷が集中した

場合

(3) メンバーの安全・セキュリティを確保する必要が生じた場合

(4) 電気通信事業者の役務が提供されない場合

(5) 天災等の不可抗力により本件教室の運営が困難な場合

(6) 火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本件教室の運営が困難な場合

(7) 法令又はこれらに基づく措置により本件教室の運営が不能となった場合

(8) その他前各号に準じ運営者が必要と判断した場合

4 運営者は、本条に基づき運営者が行った措置によりメンバーに生じた損害について、運営者に故意又は重過失がある場合を除き、責任を負いません。

 

第23条 (権利義務の譲渡)

1 メンバーは、運営者の書面による事前の承諾がある場合を除き、本利用契約に基づくメ

ンバーの権利若しくは義務、又は本利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

2 運営者が、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又は運営者が消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等により本サービスにかかる事業を包括承継させたときは、運営者は、当該事業譲渡等に伴い、本利用契約上の地位、権利及び義務並びに登録情報その他のメンバーに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、メンバーは、あらかじめこれに同意するものとします。

 

第24条 (準拠法及び合意管轄)

本規約は日本法に準拠するものとし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争について

は、訴額に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所と

します。